トップ

日本人と韓国語の関係

日本人は韓国語を学びやすい

日本人と韓国語の関係について

韓国は地理的に日本とかなり近くにある国です。旅行で行ってみたいと思っている人も多いでしょう。海外出張などで韓国に行く機会のある人もいるかと思います。そういった場合、韓国語を勉強することになりますが、見るからに難しそうだと思ってしまう人が少なくありません。しかし、日本人にとって韓国語はかなり習得しやすい言語のうちの1つです。難しそうという先入観を持たないで韓国語の勉強をはじめてみましょう。

韓国語が日本人にとって習得しやすい理由の1つが単語の順番が日本語と同じであることです。英語の場合は単語の順番が日本語と異なるため、1つ1つ丁寧に文法を覚えなければなりません。その点、韓国語は文法を覚えるのが非常に簡単です。単語さえ覚えれば、日本語と同じ順番で並べるだけで、韓国人に通じる文章になるでしょう。

そして、韓国語の単語を覚えるのも日本人にとっては簡単です。日本語には中国に由来する単語が多くありますが、韓国語の単語も中国から来ているものが多いです。そのため、同じものを意味する単語で発音がよく似ているものが少なくありません。

韓国語に難しそうというイメージを持ってしまう人の中にはハングル文字にしり込みしている人もいるでしょう。暗号のように見えるハングル文字を1つ1つ覚えるのは難しいことのように思えるからです。しかし、ハングル文字は母音と子音の組み合わせでできています。そのため見た目ほど難しくありません。ローマ字を覚えるのと同じ要領で覚えられるでしょう。

ただ、韓国語には母音が1つに対して子音を2つ組み合わせた文字もあります。それでも母音を表す記号と子音を表す記号を一通り覚えれば、ほとんども文字が分かるようになるのです。実際に韓国語の勉強をしてみたら、意外と簡単だと感じる人は多いでしょう。